ドンテック: 2017年4月アーカイブ

いよいよ季節も良くなってきました。

豊島屋エネオスではおかげさまでタイヤ交換も多くのお客様にご利用いただきました。

愛車は冬の間の塩カルがボディについていて放置しておきますと、ボディの劣化、

錆びの原因となります。

豊島屋エネオスでは冬の間もそうですがキーパーコーティングや、車磨きドンテック

ボディの塩カルを落とすのは元より、キーパーコーティングは塩カル、汚れなどを落とした

ボディをコーティング剤で保護、輝かせることが出来ます。

車磨きドンテックは長野県では豊島屋でしか出来ない技術で、資格者が特殊なポリッシャー

で愛車の塗装自体を平らに磨き上げます。

ドンテックの場合はコーティング剤を塗り込んでボディを平らに見せるのではなく、塗装自体

を研磨して平らにします。

その後平らにしたボディにフッ素の保護膜をつけます。

ドンテックはコーティング剤で輝いているのではなく、ボディ自体を平らにして反射率を上げ

輝かせています。愛車の塗装は平らにさえなれば自然に輝きます。

「新車以上の輝きを求める」のであるならばドンテックをお勧めします。

 

imagesCA2CKGEP.jpg長野県では豊島屋でしか出来ない

ドンテック施工

特殊なポリッシャーに特殊な布

を巻き、専用溶材をつけて、長野県

では2人しかいないドンテック資格者

が愛車の塗装を平らに磨き上げます。

ドンテックは予約制です。

各SSへお問合せ下さい。

 

 山雅ホームアルウィンでアビスパ福岡に敗戦、現在9位

 

豊島屋がスポンサー・サポートショップをしているサッカーJ2松本山雅FCは

5月7日ホームアルウィンでアビスパ福岡と戦い0対1で敗れました。

やはり課題のゴール前中央に簡単にパスを出されて、ダイレクトボレーで

失点しました。

 

 
yamaga koinobori.jpg

福岡戦 ホームアルウィンには

緑の鯉のぼりがはためきました

が、試合は厳しいものとなりました。

自陣ゴール中央から失点している

限り上位は望めません。

サイドから簡単に中へボールを

入れられるのも問題です。

早急な立て直しを望みます。

 

豊島屋では山雅がJ2昇格して以来スポンサーサポートショップをして

松本山雅FCのJ1昇格を応援して来ました。

昨年度はJ1昇格プレーオフで敗れ、昇格を逃しました。

その時もやはり自陣ゴール中央からの失点でした。

現代サッカーはポゼッションサッカーが主流で「自分たちがボールを

持っている間は失点はしない」という原理で戦うチームが増えています。

そうすると両チーム共にボールが取れない場合は、自陣ゴール前に

下がり、スペースをなくして守ります。

スペースがないはずですが、ゴール中央が空いてしまうこともあります。

現代サッカーではこのスペースの取り合いに勝てるかが勝敗を分ける

重要な要素となっています。

チームにはこの点の改善を求め、スポンサー・サポートショップとしては

常にJ1昇格をあきらめない姿勢で応援を続けたいと思います。

 

豊島屋は今年で創業した慶応3年から150年目となりました。

山雅の応援活動も「継続は力なり」「あきらめない」、150年企業として

豊島屋の精神を伝え続けます。

山雅関係者様、サポーター様、豊島屋へのご愛顧もよろしくお願いします。

カーサポートブログTOP

豊島屋TOP

このアーカイブについて

このページには、2017年4月以降に書かれたブログ記事のうちドンテックカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ドンテック: 2017年4月: 月別アーカイブ